トップページ > 保育理念
虫
  • 理事長あいさつ
  • 保育理念
  • 園の概要
  • 保育内容
  • ビオトープとは
  • 園内マップ
  • 年間行事
  • アクセス
  • 職員募集
  • 姉妹園

保育理念

 

こども達が「幸せ」に過ごせるよう
乳幼児の健全な発達を助長し、家庭的な保育を実践する。

 

1.子どもの健康な心と身体を養う

○子どもが安心して園生活が送れるように保育者は子どもの信頼関係を築いていく。

○子ども達が「思いやりの心」を育めるよう保育者は常に、真心をもって思いやりある言葉かけをする。

○子どもの身体について常に観察し、適切な指導を施し健康の増進を図る。

○元気の源である食事(食育)を通して、いただくものに感謝できる心を養う。

 

2.保育環境の充実を図る

○保育者は、愛情を持って触れ合い、温かな人間関係を創造する。

○保育室及び園庭などの環境は、子どもが安全に生活できるよう整え、自然環境を活かし、四季を感じる保育を行う。また、各年齢に応じた正課教育カリキュラム(知育・体力)を実践する。

○子どものもっている能力の伸長を目指し、総合的な保育を実践する。

 

3.家庭の連携を密にし、特に親業としての役割を理解する。 又共に育児を支えていく。

○保育者は、保護者との信頼関係を築き、保護者が安心して預けられるよう支えていく。

○保育者は、保護者が子育てに自信がもてるよう適切な助言を施す。

 

  • あいさつができる子ども
  • 思いやりの気持ちを持つ子ども
  • 良い事、悪い事がわかる子ども
  • よく遊び、よく考える子ども
  • 自分の言葉と行いに責任をもつ子ども
  • 自然と生き物を大切にできる子ども

 

 

 

ページのトップへ